医者の結婚相手は一体どんな相手がいいのか!?

Dr.ゆず

こんにちは!
医者の結婚について女医の視点でブログを書いているドクターゆず(@Doctor_Yuzu)です。

女医と結婚して後悔している男性医師もいますが、女医以外と結婚して後悔している男性医師もいます。

ですから、医者は女医と結婚するのが良いのか、看護師をはじめとした一般女性と結婚するのが良いのかは、人によります。

そう言ってしまうと身も蓋もありませんので、医者と結婚するのが自分に合っているのかどうか?を、考えたいと思います。

そのヒントとして、医者と結婚すると良くある話を紹介しますので、参考にしていただければと思います。

医者と結婚するのと、一般の人と結婚するの、どちらがいいの?

人は、基本的に自分で経験して学んだことが正しくて、その経験から学んだことが他のケースにも当てはまると思いがちです。

ですから、ゆずの独身時代、一般女性と離婚して女医と再婚した男性医師には、良く次のように言われていました。

女医と再婚した男性医師の言い分
ゆずちゃん、女医さんは、結婚相手は絶対に医者がいいよ!!
フツーの人だと医者の生活が理解できないし、喧嘩の嵐だよ。
それに医療の話も通じないし、フツーの相手との溝は深いよ~。

一方で、医者以外の男性と結婚してうまくいっている女医の先輩からは、逆のことを言われます。

医者以外と結婚した先輩女医のアドバイス
ゆずちゃん、働きたいなら女医は医者以外の男と結婚するのが幸せよ。
医者同士で結婚した女医さんは大変!
女医が仕事から家庭まで、ぜーんぶ請け負わなきゃいけないんだから!

と、散々医者と結婚するのが良いとか、医者じゃない人と結婚するのが良いとか、色々と警鐘を鳴らされてきました。

女医と結婚して後悔し離婚してから、一般の女性と再婚した男性医師は、「女医は結婚相手としてありえない!」と、女医の私に面と向かって言います。

Dr.ゆずムス

女医の私の目の前でハッキリ言うのも、良い度胸しているというか、面の皮が厚いというか…ですね(苦笑)
一応、その方の言い分を紹介します。

結婚相手に女医以外を勧める医者の言い分
女医の嫁はもうごめんだね!
俺の方が忙しいのに、自分も忙しいアピールしてきてさ。
家事はろくにしないし、看護師との飲み会は行くなとか五月蝿いし、可愛げもない!

いかがですか?
みなさんは誰の意見に共感しますでしょうか!?

スポンサーリンク

医者同士の結婚が上手くいくパターンはあるの!?

男性も女性も医師としての仕事を継続しつつ、同士の結婚でうまくいっているカップルは、大抵女医の妻が、内助の功をしているタイプです。

近年は、女性は仕事している人がいい、という男性が多いのです。

家事育児は女性がやって当然、その上で仕事もしてほしい

俺も子供をお風呂に入れたり、食器洗いもするから、かなりのイクメン、家事に協力的

と思っている方、多いんじゃないんでしょうか!?

女性が非常勤にならざるを得ない、キャリアは諦めざるを得ない状況なのか、本当にそうしたいのかはわかりません。

しかし、夫が残業も厭わず仕事優先の生活をしていたら、必然的に妻の方が子供の保育園のお迎えに上がり、夕食を作り、お弁当を作ることになります。

お手伝いさんや夫婦の両親の協力がない限り、こうならざるをえません。

出産後に女性の働く姿勢に変化が起きるのは心境の変化!?


元バリバリのキャリアウーマンも、結婚出産後は、「以前は子供ができても第一線で働きたいと思っていたけれど、実際子供ができたら、やはり子供優先にしようと思って非常勤になった。」とおっしゃる女性が多い気がします。

当たり前でしょう、子供にとってお母さんは1人しかいないんだから」と思われるかもしれませんが、同じく男性だって、「子供にとってパパはたった1人」なんです。

けれども、「男性が、子供が産まれたら子供優先の仕事スタイルにする」というのは、“当然のこと”ではないようなんですね。

ましてや、医者の世界は平均以上にコンサバなので、男性医師が「子供が熱出したんで早退します」と言ったら、医局の皆さん、どんな反応するんでしょうか…?

そんな状況でも真のイクメン医師が増えること、そんな状況が改善されることを願いますが、一般的には、男性医師と結婚した場合、夫が多忙で主な稼ぎ手、妻が家庭を守るという古典的な家庭形態になりますから、それを覚悟した上というか、それを強く希望し幸せや喜びを感じられる女性でないと、妻が女医であっても、そうでなくても、難しいのかなと思います。

ですから、「多忙で帰宅が遅い夫はそれだけ優秀な人材で、稼ぎも多い」とか、「私はキャリアは2の次にして、家庭を支えることを優先する」という風に考えられないと不幸というか、自分の存在意義を保てないですよね。

バリキャリ志向の女医には、家庭的な兼業主夫が向いている

逆に、仕事をバリバリやりたい女医さんは、夫は、積極的に子供のお迎えする人、平日の在宅勤務・残業ゼロ導入をする人、家事好きな人が合うのかなと思います。

ですから、「医者の結婚相手は医者じゃないと理解できない」、とか「医者の相手は家事ができないと破綻するから、医者以外がうまくいく」という単純なものではない、というのが医者の結婚だと思っています。

結局、医者の仕事への理解って、医者の仕事の具体的内容を理解することではなく、医者特有の仕事のシフト(当直明けも勤務、とか、家にいても呼び出しかかったら病院へ行かなければならないことがある、など)、特有の仕事形態(その場にいないと仕事ができない)を理解し、受け入れられるか、その上で夫婦が協力して家庭を築けるか、ということですよね。

スポンサーリンク


関連記事


女医に人気の結婚相談所


おすすめ記事


トップページに戻る

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 食材宅配サービスOisixのお試しセットを注文してみた女医家庭
  2. 女医が結婚出来ない主な理由とは?!
  3. 共働き夫婦が考えるワークライフバランスのあり方
  4. 女医が医者と結婚するデメリットとは?9選
  5. いつになっても幸せや満足を得られない人の特徴とは?
  6. 会社員の夫と結婚して感じる非医師との結婚のメリット
  7. 神戸市立博物館で開催中!ボストン美術館の至宝展に行って来ました。
  8. 女医にとって結婚における理想的な「勝ち組」とは?
  9. Oisixのお試しセットを共働き女医が辛口評価
  10. 皿洗いの救世主!共働き女医がすすめる食器洗い機

応援してもらえると嬉しいな♪