医者と結婚できる看護師(ナース)の共通点と特徴とは?

医者の彼女や、医師の浮気相手や遊び相手には、看護師(ナース)が多いのは病院に勤務するものなら誰でも知っている明らかな事実です。

実際、大抵の病院内では医者と看護師のカップルは沢山います。

しかしながら、医者と付き合っている看護師の多くが『医者の遊び相手』で終わってしまうのもこれまた事実です。

医者と付き合っている看護師の内、きっちり医者と結婚できる看護師はほんの一握りです。

どんなタイプの看護師なら、遊び相手で終わらせずに医者と結婚できるのか!?

この点について、病院内で見聞きしている情報をベースに、『医者と結婚できる看護師の特徴』について紹介いたします。

医者と結婚できる看護師は医者・ナースカップルのごく一部

Dr.ゆず
こんにちは!ドクターゆず(@Doctor_Yuzu)です。
医者と結婚するナースについて、女医の視点から考察してみます。

調査結果では、医者の結婚相手ランキングでは、女医を上回り、看護師が1位になっています。

統計だけを見ると、看護師なら医者と結婚しやすいと思われがちですが、実は違います。

医者と付き合っている看護師の中で、きちんと(?)医者と結婚できる看護師はほんのごく一部です。

ただの遊び相手で終わったり、浮気相手不倫相手で終わる看護師が星の数ほど多くいらっしゃいます。

医者と結婚した看護師の人数と、医者と付き合ったことのある看護師の人数は、何十倍もの開きがあることでしょう。

それでは、どのようなタイプの看護師が、男性医師と結婚することができるのでしょうか?

Dr.ゆず
ドクターゆず
私の周りでは、次のような特徴を持っている看護師が、医者と結婚できています。

医者と結婚する看護師に見られる主な共通点と特徴

  • 一般家庭の出身である
  • 医者との結婚願望が強い
  • 医者へ積極的にアプローチすることができる
  • 容姿は垢抜けすぎない可愛い系
  • しっかりものである
  • 医者と結婚したら退職したいと思っている
  • 医者との結婚を目的に就職先を選ぶ

それでは、一つ一つ説明していきましょう。

医者と結婚する看護師には一般家庭出身の人が多い

何が何でも医者と結婚したい!

そう考える看護師の方に、医師家系出身の看護師の方はあまりいらっしゃいません。

とにかく医者と結婚すれば人生勝ち組!

貪欲に医者との結婚に執着しているのは、大抵の場合、一般的なご家庭の出身で、地方出身の方が多い傾向にあります。

看護師のお仕事は、非常に重労働である割には、お給料は決して高くはありません。

そのため、オシャレなブランドバッグやアクセサリーを買ったり、インスタ映えするレストランで食事したり、好みの家具に囲まれて生活することは、自分だけのお給料ではなかなか手に入れることは難しいです。

「いつかお金に困らない生活を得たい」

と思うものの、自力で実現することは、現実的には困難なことです。

そのため多くの場合、理想の生活水準を手に入れるためには、お金持ちと結婚することが現実的な選択肢になります。

「愛はいつか冷めたり裏切られるもの。だから顔や愛よりお金を優先して結婚するのが賢明」

看護師に限りませんが、このように考える女性は多く、女性のご両親もこれに賛同する傾向にあります。

そして実際、看護師が憧れの裕福な生活を手に入れるための一番現実的な近道は、医者と結婚することです。

いわゆる玉の輿狙いです。

「せっかく病院に勤めているのだから、いいお医者さん見つけて結婚するのがいいわよ!」

そう露骨に医者との結婚を勧めるご両親も多いようですし、お盆や年末などで帰省する度に

「病院に良いお医者さんとの出会いはないの!?」

と、実家のご両親にせっつかれる看護師さんも多いようです。

実際、弁護士との出会いを狙うよりは、同じ職場の男性医師を狙うほうが成功確率が高いの確かです。

医者との結婚願望が強い

看護師は病院の中でも一番、医者との接触する機会が多く、結婚のチャンスも高いように思われています。

そのため、看護師になると、「お医者さんと結婚しなさい」と、親に言いきかせられる人も多くいらっしゃるようです。

実際就職前から、看護学部に入った看護学生は、「医学部男子との恋活を始めなきゃ!」と速攻かつ積極的に医者の卵へのアプローチを開始します。

医者と結婚できれば、玉の輿で、看護師の中でも結婚の勝ち組になれるという強い思いを抱いている人も多いです。

「何が何でも医者と結婚したい!」

そのためには、なりふり構わない、という強いガッツは女医と比べると桁違いに強いです。

そういった行動力のある看護師が、一度関係を持った男性医師を逃さないように外堀をきっちり埋めつつ、きちんと(?)結婚まで持っていきます。

ですから、女医も医者と結婚したいと考えるのであれば、同じくらいの強い意志と行動力が必要です。

結婚に持っていく行動力のない『待ち姿勢』の看護師の多くは、たいてい遊び相手で終わってしまうケースが多いので注意が必要です。

誰もが振り向くような美人系のナースに『待ち姿勢』の方が多いのですが、そうゆう『待ち姿勢』の美人ナースは次々と遊び相手や浮気相手にはなるものの、結婚まで持っていくことが出来ない傾向にあります。

美人であることを自他共に認識しているためか、男性医師の方も『自分が結婚しなくても(ヤリ捨てても)、誰か他の人と結婚できるだろうから良いだろう』とあまり罪悪感を持たずに捨てますし、美人ナースの方も、『ま、この医者と結婚できなくても良いわ。次があるでしょ!』と、余裕があるため深追いしないのか、取り逃がす傾向があるように思われます。

容姿は垢抜けすぎない可愛い系ナース

医学部医学科女子には、お嬢様育ちで容姿淡麗の、いわゆる高嶺の花が多いです。

しかし、医者の結婚相手のナースが、綺麗な女医の容姿を大幅に上回るような、誰もが振り向く美人かというと、決してそんなことはありません。

医者と結婚するナースは、実は美人系というよりも、どちらかというと、可愛い系が多いです。

表現が難しいですが、ちょっと垢抜けない感じであるものの、可愛さがあって、モデル系というよりは、アイドル系の雰囲気の方が多いです。

可愛い系の女の子は、自分が美人ではないことを知っていますし、『可愛さ』は老いと共に失われていくこともよく知っています。

そのため、若さのある内に短期決戦することの重要性をしっかり理解しています。

外堀を埋めていきつつ、結婚に繋げる能力が高いのは、美人系ナースではなく、可愛い系ナースだと思います。

もっとも、顔立ちの整った美人ナースさんは、多少年老いても美人のままなので、そうゆう意味では羨ましい限りです。

しっかり系の年上看護師さん

可愛いアイドル系のナースではなく、姉御系の男っぽい看護師さんと結婚する医者もいます。

これはどういうことか?

看護師が年上で、年下の研修医をがっちり捕まえたケースに多いのですが、しっかり系年上女性がすこしMっ気のある若い男性をリードするようなタイプです。

研修医の多くは思春期を勉強に費やしているため、学生時代における恋愛経験は少なく、女性に対しても消極的な草食系男子が実は多いです。

そうゆう勉強ばかりしていた草食系男子は、良く言えば「優しくて真面目でしっかりしているけど、ちょっと冴えないダサ男」。

悪く言えば『キモオタ』です。

でも実はそんなキモオタも『医師免許』を取得すると『究極のモテ男』に大変身を遂げます。

しかも、女医から見たらキモオタにしか見えないような若い研修医を狙うのが、実は『医者と結婚するための近道』だったりします。

『先見の明』のある、しっかり系の姐さん女房タイプの看護師さんは、毎年手ぐすねを引いて研修医を待ち構えていて、こうゆうキモオタ研修医も、あっという間に取られていきます。

医者と結婚したら寿退職するナース

医者の彼氏に、手料理でもてなし、医者の彼氏のお家で炊事洗濯、掃除などを、コト細やかにやって尽くすタイプのナースに多いです。

女医からしたら、あからさま過ぎる媚びたアピールで、同じことをやろうと思っても自尊心が邪魔してなかなかできない行動です。

しかしながら、女性からは「医者のオトコゲットのための必死なアプローチ作戦」と揶揄される、男性にとことん尽すフリをするタイプのナースこそが、最終的に医者から結婚相手として選ばれているのも事実です。

特に、多忙な科に勤務する男性医師や、医者家系の男性医師が結婚相手の女性に求める条件は、

「ガンガン働いて稼いでくれるか?」

ではなく、

「自分や家庭をしっかり支えてくれるか?」

だったりすることが多いです。

代々続く医者家系で育てられた男性医師は、「男性が一家の大黒柱として外で稼ぎで、女性は嫁として主人とその家に誠心誠意尽くすべし」、という古い考え方を持った家であることが多いです。

そのため、両親に紹介する女性として相応しいのは、男性と対等な立場で働く女医ではなく、結婚後は寿退職して、家に尽すお嫁さんタイプのナースの方が好印象だったりする事もあるのです。

もちろん一昔前は看護師との結婚は『格差婚』と言われていて、代々続く医師家系には受け入れてもらいにくいこともありましたが、最近は変わってきたようです。

医者と結婚したら退職し、元ナースとしてあなたを全力で支えます!そして医者の妻としてしっかり家庭を守ります!

という宣言は、

辛いナースの仕事はさっさとやめて、専業主婦として楽がしたい」という本心も上手く隠すことができる上、男性医師からも非常に好感度の高いフレーズです。

Dr.ゆず
ドクターゆず
男性医師とのお付き合いを『遊び』で終わらせないために重要なのは、女性側からの積極的なアプローチなのです。

玉の輿婚を実現するためには勤務先選びが重要!

ナースでも、病院に勤めれば医者と結婚できるわけではありません。

勤務先の病院に若い独身の医師がいなくて既婚者ばかりの病院では、『不倫の末の略奪婚』を除くと、婚活しようにも目ぼしい独身の医者がいなくて、『出会いがない』というのも厳しい現実です。

そのため、医者と結婚したい看護師にとっては、看護学校卒業後に勤める最初の就職先を吟味することが、とても重要です。

限りある貴重な若い時期を、既婚医師に囲まれて過ごすのか、独身医師に囲まれて過ごすのかでは、人生が大きく変わることでしょう。

ステキな若い男性医師との出会いを夢見るのであれば、仕事は多少他よりも辛くても、若手の独身医師が多くいる総合病院を選んで就職口を決めるのが吉です。

大学病院や大きな総合病院には、研修医として毎年多くの若い独身医師が入ってくるので、一人目がダメでも次を狙えるセカンドチャンスが豊富だからです。

もしも今勤めている勤務先に独身の男性医師との出会いがない場合は、さっさとやめて、大学病院や総合病院に転職するのも一つの選択肢だと言えるでしょう。

勤務地については、都会の方が若い男性医師が多いこともありますが、勤務地にはあまりこだわらないことがポイントです。

勤務先に独身の若手医師が多くいるかどうか

この条件に絞って就職先選びをするのが、医者との結婚を成功させるための重要なポイントです。

実際、勤務先に目ぼしい若い男性医師がいない場合には、さっさと別の病院に転職する強者もそれなりにいらっしゃいます。

看護師は全国どこでも不足しているので引き手数多ですし、医者と結婚できたら寿退職するつもりなら、若い内はキャリアを磨くよりも、婚活に精を出す方が人生プランを考える上では正しい選択なのかもしれません。

>>看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師

Dr.ゆず
ドクターゆず
転職を、キャリアの為ではなく、婚活のために活用する、というのはある意味斬新な視点ではないでしょうか!?

とはいえ、転職先で一発で独身の若いドクターをゲットできれば良いですが、そうは簡単にいかないのも現実です。

転職活動をする際に『婚活』も視野にいれるのは賢い選択肢だと思いますが、婚活のために何度も何度も転職を繰り返すのは、あまり現実的ではないでしょう。

そもそも未婚男性の数自体がかなり少ないので、自然な出会いだけで医者と結婚しようとするのには無理があります。

結婚相談所を使えば医者との出会いは増えるのか?

自然な出会いだけで医者との結婚を実現するのが難しいと考える看護師の中には、結婚相談所を上手に活用する人も多くいらっしゃいます。

普通の結婚相談所に登録しても医者と出会える確率は高くありませんが、実はほぼ必ず医者とマッチングできる結婚相談所があります。

フェリーチェ』という医師専門の結婚相談所です。

結婚相談所『フェリーチェ』では、男性会員の100%が医者と歯科医師のみで構成されているため、『フェリーチェ』でマッチングできるお相手は医者か歯科医師のみに限られるのです。

医者だけが登録している結婚相談所に入会していたなんて知られると『お金目当て?』と思われがちになるので、医師限定の結婚相談所で出会うと、「どこで出会ったの?」と聞かれた時に答えにくいかもしれません。

でも、そこは上手に答える方法があるとのこと。

医師限定の結婚相談所『フェリーチェ』で出会った看護師と結婚した男性医師から聞いた話ですが、看護師のご夫人は、友人に対して『夫とはXX学会で出会ったんです』と答えているそうです。

定期的に開催される医学学会には、日本全国から医師が集結しますが、同じタイミングで看護師向けの講習会も開催されることがあります。

そうした講習会に参加するために学会に参加した時に、『偶然声をかけられた』ことにしているとのこと。

あるいは、『医師専門の結婚相談所で出会った』と言わずに、『他の結婚相談所の名前を挙げる』という方も多いようです。

ハイクラスな結婚相談所として有名所で当たり障りがないのが『誠心(SEISHIN)』なので、『誠心』の名前を挙げる方が多いようです。

Dr.ゆず
ドクターゆず
『誠心』は銀座のティファニーが入っている『ティファニー銀座ビル』に支社がありますので、ブランドイメージが高いのでしょう。

夫の男性医師の口が軽いと口裏を合わせるのが難しそうですが、そこは結婚できればなんとでもなる、ということでしょうか。

いずれにしても、医者と結婚できる看護師に見受けられる共通点は、『使える手段は全て使うことに躊躇しない』という点ですね。

医者と出会うために全ての手段を使い尽くし、医者と出会ったら徹底的にアプローチを掛け、うまく『関係』を持つことが出来たらしっかりと外堀を埋めていく。

そんな行動力のある看護師こそが、医者に単なる遊び相手としてではなく、結婚相手として選ばれる看護師です。

Dr.ゆず
ドクターゆず
結局は行動力が一番重要!ということですね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

error: Content is protected !!