女医の彼女からメールの返事が来ない時の嫌がられない正しい対処法とは!?

意中の女医さんに告白し、晴れて彼氏・彼女として付き合うことができても、女医の彼女との付き合い方で困っていたり、悩んでいたりする男性も多いと思います。

特に、意中の女医さんからメールの返信がなかなか来なくて、悶々と悩んでしまう男性が多いようですね。

今回の記事では「女医からメールやLINEの返事が来ないときの心構え」についてご紹介しますので、女医の彼女から返信が来なくて悩んでいる男性はぜひ参考にしてみてください。

女医の彼女からメールやLINEの返事が来ない!さてどうする?

Dr.ゆず
ドクターゆず
こんにちは!ドクターゆず(@Doctor_Yuzu)です。
彼女からメールやLINEの返事が来ないと、どうしたらいいのかな、と悩みますよね!?

特に医者でない男性が女性医師とお付き合いしている男性は、どのように女医と付き合えばよいのかわからない方が多いようで、メッセージを頂くことが多いです。

今回は女医とお付き合いしている公認会計士の男性から、メールの返事が来ないことについてお便りを頂きましたのでご紹介します。

外科系女医と付き合っている公認会計士の彼氏さんからのメッセージ

Dr.ゆず
ドクターゆず
下記は、女医さんとお付き合いを始めたばかりの公認会計士の男性から頂きましたメッセージです。

ドクターゆずさん、こんにちは。

私は専門職である公認会計士の仕事をしています。

最近知り合った外科系の女医さんに告白し、交際の了解を頂いたのですが、その後連絡がありません。

その場しのぎのために、告白を受け入れたのかな、と思い悩んでいましたが、『「2~3週間に1回メールできればそれで良い」というくらいの心づもりでいると、気が楽になると思いますよ!』という記事をみて、安心しました。

現在、女医の彼女とはまさにドクターゆずさんの記事通りの状態です。

私は専門職で時間の余裕がありますので、気長に待ってみようと思います。

Dr.ゆず
ドクターゆず
ブログ記事を読んで頂きましてありがとうございます!
記事がお役になったようで何よりです♬

ちなみに公認会計士の彼氏さんが読まれたブログ記事は下記になります。

女医との連絡は少なくても焦らずじっくり待つべし

お便りをくださった公認会計士さんは意中の女医さんと交際を始めることができたものの、相手の女医さんが不規則なワークスタイルのため、ラインは途絶えがちで、なかなかデートプランも立てられずにいて、きっとやきもきしていることと思います。

Dr.ゆず
ドクターゆず
確かに、中々連絡が取れない女医と付き合うのは面倒なこともあるかと思います。

そうはいっても、毎日24時間の間に一度も携帯を見る時間がないということはめったにないです。

ただし、上述でご紹介した記事でも書いたように、医者は隙間時間に学会準備をしたり、疲れすぎて整体やマッサージに行ったりと、恋愛以外の他のことが優先になることも残念ながら多々あります。

長い付き合いの友人であれば気軽に一言二言で終わらせるLINEを送ることもできますが、付き合ったばかりの、しかも異職種の男性となると、女医の方も身構えます。

メールであれば内容に気を遣ってしっかり書いたり、LINEをであれば一度し始めると長くなることを覚悟するものです。

しかも忙しいからといって、途中で自分から早々と「じゃあまた!」と切り上げるのも幅憚られます。

そういうことを考えると、彼氏に連絡したいのに、なかなかLINEを送るのは躊躇してしまう、というジレンマはあるのではないかと想像します。

これが医者同士ですと、お互いに全く気を遣わずに既読スルーができますし、何も言わずに途中でライン終了しても問題になりません。

医者同士の場合、お互いにどうゆう状況下わかっているので、暗黙の了解で対応できます。

ですが、医師以外の異性には、「そうゆう事情を理解してもらえないかもしれない」と、好意があればあるほど尚更気を遣ってしまい、気を遣っているうちに連絡ができなくて、さらに罪悪感も増してどんどん返事が遅くなるという悪循環のサイクルに入りやすいと思います。

特に外科系であれば、慢性人材不足のため、毎日朝早くから深夜まで働くのが男女問わず若手医師の宿命です。

この過酷な労働環境は変えていかねばならないと思いつつも、若手医師は大きく声に出して言うこともできず、耐え忍んでいるケースが多いことでしょう。

女医の彼女との連絡頻度をあげるコツ

女医の彼女との連絡頻度を上げるためには、彼女に連絡を取る気苦労をさせないのが一番です。

医者としての過酷な労働環境に対して理解を示した上で、「24時間いつでも連絡したいときにしていいよ」「LINEしてて途中で疲れたら、さっさとやめても不機嫌になったりしないよ」「あー今日は疲れた!の一言でもいいよ」といったお声掛けが男性からあると、女医の方も気兼ねなくコンタクトが取れるようになるかもしれません。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

error: Content is protected !!