誰でも一度は考える?医者との結婚を真剣に考える女医の苦悩とは

メモを取る女医

「医者との結婚」を漠然とした【願望】として「医者と結婚したいなぁ」と、考える女性は世の中にはかなり多いと思います。

一方で医学部位学科女子や女医は、医者との結婚を漠然とした【願望】ではなく、【現実的な選択肢】として考える人が多くいます。

実際多くの女医は医者と結婚していますので、医学部に通う医学科女子の時代から、女医は将来の結婚相手として男性医師を意識しています。

しかし医学部位学科女子や女医の内、どれくらいの割合が、医者との結婚を意識するのでしょうか?

今回は、「女医さんってみんな一度は男性医師との結婚を考えるものでしょうか?」というお便りを頂きましたので、これについてコメントしたいと思います。

Dr.ゆず
ドクターゆず
こんにちは!ドクターゆず(@Doctor_Yuzu)です。
女医の皆さん、いかがですか?
医者との結婚を考えたことはありますか!?

医者との結婚を考える女医はどれくらいいるのか!?

結論からお伝えしますと、きっと、「限りなく100%に近い女医が、医師との結婚を一度は真剣に熟考したことがある」と、私は思います。

医学部時代はポテチやチョコを食べながら6年間も勉強や部活をしていた『同志』ですから、何だかんだで男子も女子も一番近いのは医学生で、その中で恋愛感情が生まれるのは自然なことでしょう。

ただし、男性と女性では付き合い方に温度差があったのではないかと思います。

医学部医学科男子の恋愛観と結婚観

医学科男子は、クラス内だけでなくクラブ活動、(合コンも含む)課外活動あちらこちらで「〇〇大学の医学部に通ってるんだ」と言えばモテること必至です。

そのため、医学科女子と付き合っていた男子も「合わなかったら別れれば良いし~」くらいの軽い気持ちで考えて医学科女子と付き合っていた男子も多いのではないでしょうか。

言い方は悪いですが、容姿はあんまりでも、飲みサークルや合コンに出かけるような積極的な医学科男子は、学生時代からの「結婚」を意識している人は少ないと思いますし、実際、医学部時代に結婚まで意識したり、約束して付き合い始めた医学科男子は少ないと思います。

医学部医学科女子の恋愛観と結婚観

一方、医学科女子はもう少し現実的かつ真剣に医学科男子と付き合っているのではないかと私は思います。

中には、医学部に入学した直後の学生時代から、「医者との結婚」を意識している医学科女子も多いです。

そういう医学科女子の中には、確実に医者と結婚するために「青田買い」の行動に出る女子も少なくありません。

具体的には、外見偏差値や女性への免疫は低めで、友達とつるむより一人で家で過ごす方が好きな医学科男子を【敢えて】選び、卒後や研修医修了とともに【外堀を埋めて】なし崩し的に強引にゴールインという設計を建てます。

実際、その様な計画を実行に移し、実現した友人も知っています。

この様な強硬策を取る医学科女子はもちろん少数派だとは思いますが、医学科女子の殆どは医者との結婚を強く意識していることは間違いないと思います。

なぜ女医は結婚相手に医者を求めるのか!?

なぜそこまでして医者と結婚しようとする医学科女子がいるのかについては、女医が結婚相手に医者を求める理由と大きくつながるところがあると思います。

そのことについては、下記の記事でも紹介していますので、気になる方はよかったら併せて読んでみてください。

>>『女医が結婚相手に医者を求める深層心理とは

>>『女医が結婚相手に医者を望む真の理由は、親による洗脳!?

ピックアップ記事

関連記事一覧

error: Content is protected !!