35歳以上の年上男性の魅力と注意点

35歳以上の女性が新たに恋愛から結婚することまでを考えると、自然とその相手に選ばれる確率が高いのは同年代と年上男性です。

今回は35歳以上の女性の視点からみる、年上の男性の魅力について紹介したいと思います。

Dr.ゆず

みなさん、こんにちは! ドクターゆず(@Doctor_Yuzu)です。
男性は歳を重ねて35歳が最もモテる年齢だと聞きます。女性も同じなら良いのに・・・。

35歳以上の年上男性に求めたい条件とは!?

35歳以上の女性がこれから結婚を見据えて彼氏選びをするとなると、気になるのは相手の男性の条件をどのように設定するかではないでしょうか。

女性が35歳以上となると、相手の男性の年齢層も35歳以上の年上男性になることが多く、その場合には相応の特徴が望まれます。

具体的に例として上げてみると次のような条件を満たす年上男性が望ましいです。

  • 年相応に落ち着いている
  • 経済力が相応にある。
  • 自主性が高く自立している
  • 包容力が高い
  • 自分の時間を持っている

一例ではありますが、落ち着きや包容力の高さは年下にはない年上男性の大きな魅力です。

年上男性も1人暮らしが長くなれば、その分自分で家事をこなせる男性も増える傾向にあります。

長い間独身だと外食にも飽きてしまうのか、年上の男性で料理に興味を持ち始める人に35歳以上が多いのも一つの理由かもしれません。

実際、年上の男性と料理教室で知り合ったという例もあります。

35歳以上の男性は、年齢的にしっかりと仕事をこなしている上に、人によっては家庭的な一面を持つ人もいます。

そのような男性は、仕事を続けながら結婚生活を謳歌したいと思っている女性には理想的な条件だと言えるでしょう。

そして年上の男性で、35歳を越えてもなお結婚を意識しているは、身だしなみにもかなり気を遣っているため、おしゃれな人が多いのも注目したいところです。

恋愛や結婚から意識が遠のくと、女性でも身だしなみが雑になります。

同じような年齢の年上の男性でも、結婚や恋愛に対して意識が薄くなると、身だしなみに気を遣わなくなるため、35歳以上の男性が恋愛や結婚を意識しているかどうかは、見た目である程度判断しやすいかもしれません。

ただし注意しなければならないのは、きちんとした身なりを整えている年上の男性の中には、恋愛には興味あるけど結婚には興味が無いという人も多いということです。

条件が悪くないのに結婚していない35歳以上の男性は、結婚できていのではなく、結婚するつもりが無い、と考えたほうが安全かもしれません。

35歳以上だからこそ感じられる年上男性の魅力

女性自身も、35歳以上になって結婚を意識した場合、ここで感じられる年上の魅力というものもあるはずです。

年上だからこそ、色々なことに配慮することができ、例えば両親や親戚などと顔を合わせてもきちんと挨拶ができないということはまずないでしょう。

むしろ積極的に恋愛や結婚を考えている年上の男性は、ある程度シーン毎にシミュレーションをこなしているため、そういった場で気後れしたり出遅れることなく、スムーズに挨拶を交わすことができます。

特に仕事で外回りを担当している営業職の方などには、その傾向が強く見受けられます。

しっかりした挨拶と、将来の計画が立てられる。

そういった点は経験がものを言うので両親や親戚が安心して付き合える彼という印象を残します。

スポンサーリンク

35歳以上の年上男性を選ぶ時の注意点

35歳以上の年上男性と付き合う場合には、注意すべき点があります。

それは、まだまだ男尊女卑の思考を持っている人が多い傾向があるということです。

年上のこの世代の男性は、まだ男性優位の考えが強く残る環境で育っている場合が多いためです。

ずっと1人で過ごしてきた分、例え家事が出来たとしても、結婚後には一切家のことをしなくなるというのも年上の男性の大きな特徴です。

そこで、家事分担については結婚前からきちんと話し合ってお互いが納得できるようにしておくのがポイントです。

しかし一方では、男女平等の意識を持ち始めている最初の世代でもあります。

その男性がどちらのタイプであるかを見極めるのは、見た目から判断するのは困難ですが、些細な言動から推測するか、直接聞いて確かめてみるのが良いでしょう。

結婚相手の条件として男尊女卑の思想の有無を上げる女性は少ないようですが、結婚生活を維持する上では重要なポイントです。

外見や経済力、性格と同じくらい、男尊女卑の思想の有無は結婚生活を左右する要素です。

年上男性を結婚相手に選ぶ場合には、その男性がどちらのタイプなのか?自分に合うのはどちらのタイプなのか?、を良く考えた上で、自分に合うタイプを選ぶようにしましょう。

男女平等の精神を持っている人が良い場合、そのような男性は今はまだ人数が少ないので、巡り会えるチャンスは少なくなります。

しかし、「年上の男性は考え方が古い」と決めつけず、きちんと女性をサポートする意識のある方もいるので諦めずに探してみましょう!

Dr.ゆず

個人的には、イケメンであることやお金持ちであることよりも、ここの考え方が合うかどうかの方がとっても大事だと考えています。

35歳以上の結婚事情について理解がある男性を探すべし

女性が35歳を越えてから結婚し出産するということは、20代で結婚し出産することとは色々事情が異なります。

女性は35歳からの結婚や出産に伴うリスクについて十分に理解している人が多いですが、男性も同じ水準で理解しているかというとそうではありません。

これは、男性が30代後半であろうが、40代後半であろうが、漠然と理解していても、きちんと理解していな人は多いです。

「同じ35歳以上の年上の男性なのだから分かってくれているはず!」

そう期待して思い込んでいると、痛い目に合うかもしれません。

そのため、出来る限り結婚する前に、できれば関係が深まる前に、この点についてははっきりしておいた方がいいでしょう。

後々になって考え方の相違が出た場合、お互いが傷ついてしまい、立ち直るまでに時間がかかってしまう場合がありますからね。

年上男性と良い関係を築くには赤裸々のコミュニケーションが一番

2人の幸せを実現し継続させるためには、お互いの思いをきちんと過不足なく言葉で表現できるかどうかが1番のポイントになります。

良い出会いがあった場合には、これからの生活についてどんな考え方を持っている人なのか、可能な限り早めに確認しましょう。

遠慮して重要事項の確認を後回しにすればするほど、その人が運命の相手でなかった場合のタイムロスは大きくなります。

確かに個人のアイデンティティの根幹に関する話題はなかなかデリケードで話題に上げづらいことです。

しかし35歳を越えた大人同士ですし、デリケートな話題に対してきちんとコミュニケーションが取れる人なのかを計る良い機会と考えて、胸の内をさらけ出して話し合ってみましょう。

35歳を越えてから結婚して出産を目指すのであれば、隠し事をして時間を無駄にしている場合ではないのです。

効率よく婚活をするために心がけるべき事とは!?

35歳を越えてからのデートは「楽しかった」で終わらせてはなりません。

この男性は自分の結婚相手としてふさわしいのか?

そのことを判断するための材料をきちっと持ち帰ることが、デートの毎回のミッションです。

最初の内は新しい発見があると思いますので、特に意識しなくても良いかもしれませんが、効率よく婚活するためには、短時間で人物評価が出来るようになる審美眼を磨くことが重要です。

そのためには、自分自身の自己分析をきちっと行い、自分に合う男性がどのような人であるのかを想定した上で、どんなことを聞いておきたいのかをよく考えておきましょう。

さらに、知りたいことを聞き出せるようにするための『想定問答集』を色々なパターンで用意しておくと、きっと役に立つはずです。


関連記事


女医が多く登録している結婚相談所


おすすめ記事


■最新記事をTwitterでお知らせします■
ドクターゆずをフォローする

新着記事一覧に戻る

スポンサーリンク

プロフィール

こんにちは!ドクターゆずです。

某国立医大卒、30代の内科系女医です。

詳しいプロフィールは【こちら】で紹介しています。

新着記事

  1. 女医とデートするときのレストランの選び方、どこが正解?
  2. 医者と患者の恋愛はアリ?通院先の医師に恋したらどうすれば良い?
  3. 女医の結婚相手の職業1位は医者!2位には意外な職種が!
  4. 女医の離職率が高くマイナー科を選ぶ真の理由とは?
  5. 東京医大が女子を一律減点にして男性医師を増やしたことは正義?

ピックアップ記事

  1. 医者の結婚で医者と看護師のカップルが最も多い理由とは?
  2. 職場が恋愛や結婚できない原因?転職して職場環境を変えてみる?
  3. 結婚したい医学科女子へ!既婚女医からのアドバイス
  4. 結婚後も共働きで仕事を続けたい女性のための婚活戦略と注意点
  5. 女医が結婚相手に医者を望む真の原因は、親による洗脳!?
  6. 女医との結婚は不幸なのか?男性側から見たメリットとデメリット
  7. 高収入で自立した女性はモテない!でも婚活ではメリット?
  8. 小室哲哉と看護師の不倫は仕方ない?医療従事者が思うこと
  9. 女医の結婚相手の職業1位は医者!2位には意外な職種が!
  10. 医者と結婚すると不幸や離婚のリスクが大きくなる?

応援してもらえると嬉しいな♪

error: Content is protected !!