女医の結婚チャンスは3回!知らずに婚期を逃さないためには!?

人にはそれぞれ人生における「モテ期」があると言われております。

女医のモテ期は人それぞれだと思いますが、女医の婚期は概ね3回でどなたにも大体当てはまるタイミングです。

もちろん、独りが絶対に可哀想というわけではありません。

気ままな独身貴族生活というのは、不幸な結婚生活を我慢して耐えている人にしてみたら、羨ましい生活です。

しかしながら結婚願望があるのであれば、やはり人生で一度ぐらいは結婚して結婚生活の幸せを味わってみたいものですよね。

そのためには、女医に訪れる3回の婚期を逃さずに上手くコントロールすることが大事ですので、それぞれのタイミングを紹介いたします。

Dr.ゆず

こんにちは! ドクターゆず(@Doctor_Yuzu)です。
結婚したい人は女医の婚期を良く把握して、結婚のチャンスを逃さないようにするのが秘訣だと言っても過言ではないでしょう。

女医が結婚の機会に恵まれる婚期をきちんと把握すること

女医には独特な婚期ステージがあります。

その波にうまく乗れれば見事結婚することができるのですが、その波に気付かない女医さんが多くいらっしゃいます。

結婚のチャンスの波を逃し、婚期を無駄にしてしまうと、30歳はもちろん、35歳を越えても独身ということにもなりかねません。

実際、婚期を逃してアラフォーになってもまだ独りの女医さんはたくさんいらっしゃいます。

女医の婚期を把握せずにのんびり構えていると、30歳や35歳といったタイミングでようやく遅めの婚活をスタート。

そんなことをせざる負えない事態になってしまいますので、まずはいつ結婚のチャンスの波がやってくるのかを把握しましょう。

女の婚期は他の職種と比べて早くて短い

女医の婚期は、他の職業に就いている女性と比べると、かなり早く短いです。

最初の婚期は医学部卒業後~医局に入るまでの期間

最初の婚期は、医学部を卒業するタイミングです。医大を卒業する3月から研修医になりたてまでの短い期間です。

学生時代のうちから「彼氏」ではなく、「結婚相手」の条件を備えている相手を選ぶことができていれば、このタイミングで結婚してしまうのは大いにありです。

研修医になると離れ離れになってしまう医学部カップルは多く、特に男性が医師である場合には、研修先の病院で人生最大のモテ期を迎えることになるので、破局となるカップルが非常に多いです。

中には、卒業時に婚約していたのに、研修医になってから婚約破棄をされている女医さんもいらっしゃいます。

なので、婚約で終わらせずに、婚姻届を出すところまで終える事ができると安心です。

医局に入る前に結婚しておけば、結婚式で医局の教授を招待するなどの煩わしい悩みを抱えなくて済むという点でも入局前に結婚式を上げておくのはかなりおすすめなのです。

しかしながら現実的には、医大を卒業するタイミングで結婚する女医はほとんどいません。

医大をようやく卒業して医師免許を取得したばかりで社会人としてもまだ不安がある中で、さらに結婚することはかなり勇気がいることです。

医師としての経験が全くない状態で、これから研修医という時期は、自分のことで精一杯だということもあるでしょう。

そのため、なかなか結婚のことまで考える余裕がない人が多く、この時期に結婚出来る人は少ないです。

しかし、このタイミングで結婚まですることはないにしても、この時期から「彼氏」ではなく「結婚相手」を選ぶつもりで、男性とは付き合うようにすることが大事です。

2度目の婚期は研修医終了の時期

女医の2回目の婚期は、研修医の期間が終わる時期です。

研修医時代に付き合っているお相手が、結婚相手としての条件を兼ね備えている男性である場合には、このタイミングで結婚するのがベストです。

本格的に仕事で忙しくなってしまう前に、結婚という人生の一大イベントを終えておくと後が楽です。

特に、この時期に結婚することが出来ていないと、その後は仕事が忙しくなり、相手や自分も恋愛よりも仕事を優先してしまい勝ちになります。

そうすると、恋愛と仕事を両立させる器用さを兼ね備えていない場合には、すれ違いが生じて最終的にはサヨナラしてしまう結果になるカップルが多いです。

そういったリスクを避けるためもあるのか、研修医を終了したタイミングで結婚する女医は、現実的にはかなり多いです。

この2度目のタイミングを逃してもまだ3度目のチャンスがありますが、次の婚期は30歳前後です。

出産のことを考えると、この2度めの婚期までに結婚しておくのが望ましいでしょう。

最後の婚期は移動を伴う転職や転勤のタイミング

3回目にして最後の婚期は、引っ越しを伴う転職や転勤の異動人事がある時です。

このままでは離れ離れ担ってしまう。

そうゆう現実を突きつけられて初めて、二人の未来について真剣に考える男性が多いものです。

この3度目にして最後の婚期のタイミングでは、女性の年齢は30歳前後から35歳であることが多いです。

一般的に女性は30歳を越えると結婚できにくくなると言われていますが、女医もこの婚期を逃すとかなり辛いです。

それぞれのタイミングで女性からも積極的に決断を迫ること

3回訪れる婚期のタイミングで付き合っている男性がいて、その人が結婚相手としてふさわしいのであれば、その人と結婚するために女性からも積極的に働きかけるべきです。

女性は医学部を卒業してから3度目の婚期に向けて、徐々に年齢を重ねるに連れてモテなくなります。

一方の男性は医学部を卒業してから35歳になるに向けて、年齢を重ねる毎にモテ度は急上昇していきます。

そのため、女性は3回の婚期のタイミングで結婚したいと考えても、男性はまだ結婚して落ち着きたくないと考え、煮え切らない男性も多いです。

しかしそこで流れに任せて怯んでしまうと、男性の都合の良いように流されて、結婚出来ないままに終わってしまうリスクが高くなります。

場合によってはイニシアティブを取るくらいのつもりで、結婚したいのならその意思を伝えるべきでしょう。

理想のプロポーズを待つことは婚期を逃すリスクと隣り合わせ

もちろん、女性から結婚を迫らずとも、男性がきちんとプロポーズしてくれることが一番望ましいことです。

しかし、夢に描くようなプロポーズを待って自分から動かずに待ちの姿勢で居ることは、婚期を逃して結婚で効くなるリスクを日々大きくさせていることと同じです。

年齢を重ねて3回の婚期を全て逃してしまった女医が、30歳を過ぎてから日常生活の中で相手を探そうとすると、それはかなり大変なことになります。

そういったリスクを踏まえた上で、3回の婚期における自分の行動をどうするべきか、よく考えるのが婚期を逃さない秘訣です。

多くの女医は、2回目の婚期からなんとなく婚期を意識しはじめ、3回目の婚期の時にはしっかりと婚期であることを意識している人が多いです。

実際自分も1回目の婚期についてはしっかり自覚していませんでした。

しかし3回目の婚期に「初めて」婚期を意識するような場合、その3回目の婚期の重要性にしっかり気づけないことがあります。

3回目の婚期は3回目にして最後の婚期であることを自覚するのが大切です。

それぞれの婚期を無駄にしない様、注意深く婚期を過ごすのが、結婚難民にならない秘訣です!

医学部卒業時、研修医終了時、転職や人事異動のタイミングで自分の人生についてしっかり考えるようにしましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

error: Content is protected !!