家事を自動化すると夫婦の時間が劇的に増える!

こんばんは、ドクターゆず(@Doctor_Yuzu)です。

今日は、前回紹介しました「家事の分担、家事の自動化」についての続きです。

ゆずの家庭では、下記の大原則で家事を行っています。

  1. 自動化できるものは、できるだけ自動化する。
  2. 自動化できないものは、夫婦で分担するか、必要ならば外注する。

掃除の主役はロボット掃除機に世代交代

掃除に関してですが、うちはルンバとルーロの二台使いです。

家電の掃除ロボットは、(今はまだ)階段を降りて掃除することができないので(早くできるようになってほしい!)、家の一階と二階にそれぞれ別々に置いて、外出前に同時にスイッチオン!という場合が多いです。

掃除ロボットを家に導入して何気に良かったことは、掃除が楽になった(というかしてない)ということはもちろんですが、ルンバやルーロがちゃんと床掃除できるようにするために、家のでの行動パターンにも少し変化があったことです。

ルンバやルーロが掃除しやすいようにするために心がけていること

  • 意識して床に物を置かないようにする。
  • ロボットが掃除しやすいような家具を選ぶ

食器洗い機の普及率が低いのが何故だか分からない

前回の記事でも紹介させて頂きましたが、時間節約、夫婦円満、腰痛防止、手荒れ防止に食器洗い機は優秀すぎる家庭の味方です!

日本では衣類を洗う『洗濯機』は一家に一台あるのが当たり前になってきていますが、 なぜか食洗機や掃除ロボットはまだまだ、その効果に対する信用度や普及率が低いように思われます。

f:id:dryuzu:20170829002241j:plain

一番、『あぁぁ、もったいないなぁ~~~』、と思うのは;

「食洗機だとちゃんと洗った気がしないから、結局手で洗っている」

とか、

「掃除ロボットだと細かいところが掃除しきれていない」

とかの理由で、「家にあるけど使わずじまい」という状態です。

せっかくあるのなら、使えばいいのに。

たしかに、食器洗い機やロボット掃除機は、人が洗ったり掃除したりするのに比べると、100パーセントカバーはできていないこともあります。

でも、期待値の100%に到達していないからからって、「使わない」という選択肢を選ぶのは、あまりにも『もったいないなぁ~~~』と思ってしまうのは、私だけでしょうか?

お洗濯も、同じ理論で手洗いしますか?

機械が期待値の100%のアウトプットを出してくれない、ということは、洗濯機でも同じですよね?

洗濯機を使っても、汚れが落ちないことってないですか?

洗濯機は、全ての汚れやシミを取ってくれるわけではないし、100パーセント除菌できているわけではありません。

f:id:dryuzu:20170829002345j:plain

でも、皆さん洗濯機は使いますよね?というか、使うのが当たり前ですよね?

もしも私が、

「洗濯機だと洗い残しがあるから全て手洗い派です」

とか、

「100パーセント汚れを落としたいので、衣類は全てクリーニングに出しています」

と言ったとしたら、驚かれる人が多いんじゃないでしょうか?

洗濯機と同じように『当たり前』になる日は来るのか?

『普及していない=発展途上段階である』

という考え方の人もおられるかと思います。

実際私もそうでした。

しかし、インターネットや電気屋での情報や、実際愛用している身近な方々のクチコミを集めた結果、購入に至りました。

今思えば、むしろ、「なぜもっと早く買っていなかったのだろう!?」と、後悔すらしています。

そして、今は、「洗濯機と同じくらい必需電化製品じゃないか!」とも思っています。

かなりなんでも行ける食洗機

話は食洗機に戻りますが、食洗機を導入してからというもの、手で洗う食器は、クリスタス素材などの『薄いワイングラス』、色変わりしやすい『木製の汁椀』、食洗機に入らない『大型鍋』、『金箔』の装飾がついている食器、くらいですね。

『金縁』がある瀬戸物や皿も、食洗機は”✖️”になっていますが、うちでは食洗機にかけちゃっています。

皿の材質的に食洗機にかけても大丈夫であれば、多少のダメージのリスクは目をつむって、洗ってしまっています。

あと、柄が取れる可能性があるからとの理由で食洗機禁のものも、食洗機にかけていますが、普段使いの頻度で、柄がとれたというものは今の所ないです。

(といいつつ、”大丈夫”を保証するわけではないので、何かあっても責任は取れませんので、ご自身できちんと判断してくださいね!)

そもそも私は、洗濯物も、私は手洗いマークがあっても、ダウンや毛皮でない限り、ジーパンでも装飾付きでも、裏返して、ネットに入れて洗濯機で洗っていますので、もしかしたら私の判断基準は少々荒っぽいかもしれません(苦笑)

食洗機で洗うと、稼働中に内部で食器が割れるんじゃないかと心配される方もいらっしゃると思います。

少なくとも我が家では、食洗機導入前の頃、手洗い中に滑ってお皿を割ったり、洗い上げるトレイに重ねる際に割ってしまったことの方が多かったですし、今のところ、食洗機内で壊れたことは一度だけで、それは耐熱でない琉球グラスを食洗機で洗ってしまった時ですので、自業自得です(苦笑)

それからというもの、材質的に大丈夫か、という判断基準は、耐熱であるかどうかで決めています。

結婚式の引き出物が活躍する場面が増えた

結婚祝いや結婚式の引き出物など、ご両親やご友人から頂いた素敵な食器やお箸などが、食器棚で眠っていたりすることはないでしょうか?

「洗い物が増えるのが嫌!」

という理由だけで、食器棚の肥やしになってしまうのは、勿体無いですよね。

(といいつつ私はそうしちゃっていましたが・・・)

食洗機を導入してからは、洗う食器を減らすために、全てワンプレート、ワンカトラリーとかで済ませる、ということが全くなくなって、盛り付け用の綺麗な皿など、結婚祝いや引き出物で頂いたカトラリーを、思う存分活用できるようになったのが嬉しいです。

f:id:dryuzu:20170829002852j:plain

箸置きやカトラリーレストなどの小物アイテムも気楽に使えるようになりました。

そして、食後にシンクに食器がたまるストレスがない、という事は、ゲストを招く時も気が楽です。以前であれば、家でホームパーティをする時には、ついつい後片付けのことを考えてしまって、

『洗い物が増えるから料理はしないでケータリングにしよう』

とか、

『使う皿は紙皿で箸も割り箸』ということもありましたが、今では、より味気のある素敵なお皿やカトラリーを使うようになりました。

たった一つ、電化製品を新たに導入しただけで、家庭内のQOLがこんなにも上がるものだなんて、まったく想像していませんでしたが、今はそれをしみじみと実感しています。

古い食器洗い機のイメージは拭い去ろう

確かに、一昔前(10年以上前)の食洗機はまだ機能が十分に備わっていなくて、一回の洗浄では汚れがこびりついたまま、ということも多かったようです。

しかしここ数年の新しいモデルのものであれば、かなり性能が高く、エコ機能も高いので、手で洗うよりも電気代、水道代、ガス代も安いくらいです。

据え置き型とビルトインタイプ、どっちがいいの?

『食器洗い機』というと、キッチンと一体化しているビルトインタイプのイメージが強いですが、実は借家などでも後から追加して置くことができる、据え置き型のものがあります。(我が家の食器洗い機もビルトインタイプではなくて、据え置き型です)

据え置き型のモデルであれば、シンクの横の省スペースでも設置が可能なので、キッチンのリフォームとかの大規模工事をせずとも、食器洗いにまつわるストレスから一気に解放される事ができます。

一方、ビルトインタイプの場合には工事が必要となり高額になりますが、キッチンと一体型となってシンク等の下にピッタリと納まって入るので、キッチンの景観を損なわない、というのが大きな魅力です。そして、容量も据え置き型の物より大きいものがあるので、人数が多い家庭では重宝すると思います。

(1回で出来ない時には、2回に分けてやっているので多少小さくても全く問題ないですが)

ビルトインタイプの食洗機のデメリット

まず値段が据え置き型のタイプに比べると桁が違うくらい高い、というコストの問題があります。特に、しばらくして故障した時には、修理代にかなりの費用がかかるので、故障したら最後、その後は(修理を諦めて)そのまま使わなくなる、という話を聞くことがあります。

そして2つ目の難点は、ビルトインタイプは、たいていシンクの下などの低い位置にあることが多いので、食器を出し入れする時に、かがむ姿勢を取らなければならず、これが結構首や腰の負担になってつらいです。(夫の実家はビルトインタイプでお母様が辛そうにしています。)

据え置きタイプの食洗機のメリット

その点、据え置きタイプの食洗機は、シンクの高さと同じ高さに設置することができるので、立ったまま楽な姿勢で、じゃんじゃん食器を出し入れできるので作業効率も良いですし、何よりも、転居の際には、パパっと外して、冷蔵庫や他の家具と同じように、次の住まいにも持っていけるので、据え置き型が、かなりお得だな、というのが、めっちゃ比較検討した我が家の検討結果です。

確かに、ビルトインタイプに比べるとちょっとキッチン周りがビジーになった感じはありますが、総合的に考えると、外付けの据え置き型の食洗機が最高!と思っています。

それに、前は無機質なデザインが多かった据え置きタイプの食器洗い機も、最近では、高機能高性能のオーブンレンジや高級冷蔵庫と同じように、見た目のデザインを意識した、おしゃれな形や色のものが増えてきています。

自分の時間を増やすことが簡単にできる上に、ストレスから解放されるので、皿洗いの時間が無駄だなぁ、とか、嫌だなぁ、と思っている方には本当におすすめです。

ちょっと大げさだけど、人生変わりますよ。

myエプロン

あわせて読みたい。パナソニック製の食器洗い機NP-TM8を選んだ理由

https://yuzuandtachibana.com/entry/dishwashing

ピックアップ記事

関連記事一覧

error: Content is protected !!