自分の息子(仮)が看護師と結婚したいと言ったらどうする?

結婚相手の条件として職業は重視しますか?

年収と同じくらい、結婚相手の職業を気にする人もいますよね。

そして、自分の結婚相手ではなく、自分の子供の結婚相手の職業を気にする方も結構多いと思います。

Dr.ゆず

みなさん、こんにちは! ドクターゆず(@Doctor_Yuzu)です。
自分の息子の結婚相手の職業に就いて、どう考えることになるのか、想像してみたいと思います

医者の息子の結婚相手として看護師をOKできるか?

f:id:dryuzu:20170902120613j:plain

私自身は医者同士の結婚に固執することはなかったのですが、私自身ではなくて自分の子供ことになると考え方が変わる可能性があります。

例えば、自分は看護師で男性の医者と結婚しているのに、自分の息子には看護師との結婚を断じてを認めない、という元看護師ママもいたりします。

まるで自分自身の職業を否定するかのような態度で不思議なことです。

もしくは、むしろ、元看護師の経験により、看護師女性の多くが「どういったタイプ」であるかよく知っているからこそ、医師息子の結婚相手としては、看護師を嫌がるのかもしれません。

それじゃあ、ゆずに息子ができて、医者になったとした場合、

「看護師との交際や結婚はOKなわけ?」

と聞かれたら、どうでしょうか?

正直なところ、私の答えとしては、「看護師だからダメ!」とかではなくて、「お金や医者という肩書やブランド」を目当てに寄ってくるような女性とは、結婚しないで欲しいな、と思いますね。

やっぱり、親としては自分の子供自身のことをありのままに見てくれる女性を選んでほしいものです。

それこそ、「お金や地位」を目当てに近寄ってくる女性の場合、「金の切れ目が縁の切れ目」になったり、医者をやめた途端に離婚を言い出すような女性とは一緒になってほしくありません。

医者なら誰でも良い!という女性は思いのほか多い!?

私自身が医者になったからこそ、同僚の女医仲間から相当の「ぶっちゃけトーク」もたくさん聞く機会が多いです。

実際、女医の中でも

「結婚相手はぶっちゃけ、とにかく”医者”であれば誰でも良い!」

ということを言う人もいます。

f:id:dryuzu:20170902120906j:plain

(本当にいいのかなぁ~、と私は心の中で思いますが、価値観は人それぞれですからね)

医者なら、

「よほどのことがない限りはお金と仕事に困らないのが良い!」

と言う一般女性と同じように、「医者カップルブランドとそれに伴う収入高」が目当ての女性医師も、実は結構多いのです。

こういうタイプの女医は、息子をブランドとしていて見ているだけ、果たして個人として見ているのか、疑問を抱くと思います。

ですから、もしも私の息子が婚約者としてつれてきた女性が、

「医者じゃなかったら、その時点で結婚相手候補としては対象外なんです~」

というタイプの女医だとしたら、たとえ女医でも、私は結婚に反対すると思います。

こんなことを書くのはちょっと気恥ずかしいのですが、私は、職業、金銭事情や世間体などとまったく関係なく、サラリーマンのタチバナくんのことを好きになって結婚しました。

ですので、結婚相手を選ぶときに一番重要なのは、相手との様々な面における相性と価値観の一致だと実感しています。

結局自分の息子の結婚相手に望むのは・・・

仮に自分の息子が医者で、ステータス主義の思想を持ってしまった場合、息子はおそらく女医を連れてくるでしょう。

要するに、「自分が医者だから相手も医者が良い」という思考回路です。

息子自身が「結婚相手は女医が良い」と思っていて、且つ、その相手の女性も同様の理由で『医者である』息子を”好き”になって選んでいるケースです。

この場合、息子とその相手は双方それぞれが「結婚相手を職業で選ぶ」という価値観を持っているといえます。

ですので、二人の間では「価値観が合っている」、と言えるのかもしれませんので、案外マッチするのかもしれません。

もちろん、タチバナくんと私は、人を職業は持っているお金や資産で判断するような、ステータス・ブランド至上主義の教育はしないと思うので、そうゆう人間にはなってほしくないと思いたいのですけれどね。

…しかしそれでもなお、ステータス・ブランド主義の思考を息子が持っていた場合には、結婚相手は看護師より女医のほうを選んでもらった方がいいな。

と、思ったりします。

…ということで、ゆずの主張も矛盾しているのかもしれません。

親視点で考える結婚観というのは、自分自身の結婚観とはまた違って、なかなか難しい問題ですね。

いつか、タチバナくんにも、自分の子供(仮)の相手はどんな人が良いか、または嫌か、書いてもらおうと思います。

ピックアップ記事

関連記事一覧

error: Content is protected !!