35歳を過ぎてやっと真剣に結婚を考える事ができる女医

そろそろ結婚生活を楽しみたい。

女医にそんな気持ちの余裕が生まれるのは35歳を過ぎてからかもしれません。

それまでは研修医、専門医、博士課程と自己研鑽に時間が取られ、恋愛や結婚についてゆっくりと向き合う時間と余裕がなかったかもしれない為です。

今回は、どんな風にしたらその結婚生活の楽しみをゲットできるか考えてみましょう。

35歳を過ぎたから考えられる「結婚」とは

35歳を過ぎてから、生活の自由度が上がったという独身女性は意外と多いのではないでしょうか。

35歳というのは、一通り仕事を覚えたことで収入も上がり、ワーク・ライフ・バランスを上手くマネージメント出来るようになる頃からです。

若い頃よりお肌の調子も良く(若いときは激務で肌ボロボロになります)、毎日が楽しいと感じて無理なく生活している独身女性は、周りの男性からもとても魅力的に映るものです。

自分と一緒に色んなことを楽しんでくれそう。

そう思わせてくれる女性に男性は弱いものです。

35歳は結婚市場における最後のチャンス!?

毎日充実していて、笑顔で人を引き付ける事ができるような35歳の独身女性は、恋愛市場においてもまだまだ自身を持ち続けることが出来るような女性です。

しかし、そろそろ結婚を意識してみる必要のある年齢でもあります。

三十路を越えて焦っていた30代前半頃の自分と比べると、35歳になるとより明確に自分自身を見つめ直すことができるため、無駄な焦りは感じない反面、厳しい目で色々なことを判断できるようになっています。

30歳を過ぎたばかりの30代前半の女性は、兎にも角にも結婚しなくては!

と、結婚がゴールになりがちで、焦りの余り結婚相手を吟味する慎重さが掛けてします傾向にあります。

しかし35歳に差し掛かる頃は、そういった焦りから少し開放され、冷静に異性を判断出来るようになる時期でもあるのです。

もしも結婚したいと考えるのであれば、そういった自分の目を信じて、人生のパートナー選びに取り組むには35歳というのはベストタイミングでありラストチャンスでもあります。

スポンサーリンク

結婚を意識するなら異性との交友関係を見直すべき!?

結婚という明確な目標ができると、ただ付き合うのとは違う人選方法が見つかることもあります。

見た目だけではなく、相手の内側や他の人への接し方など、多角的に異性を見ながら毎日の楽しみに結婚というスパイスを加えてみましょう。

お付き合いをするなら結婚前提であることを意識しておくと、遊び目的の男性は近寄らなくなるので、遊び目的のオトコに引っかかって無駄な時間を過ごさないようにするために、しっかりとバリアを張ることから始めることをお勧めします。

しっかりと将来を考えられる男性に絞って交友関係を絞っていくのが大切です。

将来が不安だから結婚しないのか

35歳を過ぎて独身でいると、1人の生活に慣れてしまい、むしろ2人で生活するのは自由に好きなことにお金が使えなくなりそうで不安。

そんな理由から結婚を遠ざける女医も少なくありません。

これは、ある程度現実的に正しいことで、結婚生活を営む上では全ての稼ぎを自分の好き勝手に使えなくなるのは仕方のないことかもしれません。

でも実はその不安は、男性にこそ当てはまります。

多くの男性は、一家の大黒柱となって家庭を経済的に支えなくては!

そうゆう思いと気概がありますし、多くの女性は出産後には退職する人が多いです。

そのため、世の男性の多くは、結婚後は自由に好きなことにお金が使えなくなる事となり、そのことについてはボヤいています。

結婚後も共働き夫婦として働けば自由になるお金はある!

あくまでもお互いの仕事の状況や家庭の都合にもよるものですが、どうしても自由になるお金が減ることが嫌な場合には、共働き夫婦として仕事を継続することも出来ます。

特に女医の場合は、高額の短期バイトに行けば短時間でそれなりにまとまった金額を手にすることが出来ます。

世のサラリーマンの1ヶ月のお小遣いは平均すると3万~5万円前後らしいのですが、これくらいの金額は半日バイトすれば稼げてしまいますよね。

お小遣いの制限があるサラリーマンでさえ、真面目に仕事をしつつ、家庭を守りつつも、毎日の生活を楽しんでいる男性はそれなりにいます。

そうでなければ40代の男性のファッションが華々しくなることもありませんし、中年男性がメインターゲットになるような趣味の市場が盛り上がることもありません。

女医として仕事を継続することができれば、結婚後も自由になるお金がなくなって大きな不自由を感じる、ということはあまりないと言っても過言ではありません。

(もちろん、全額自由に使えていた時代に比べるとだいぶ減るかとは思いますが・・・)

結婚するなら同年代の35歳~40歳の男性との相性が良い?

周りに目を向けてみると、自分と同じくらいファッションや趣味を謳歌している同年代の男性は多いはずです。

35歳まで結婚していない男性の中には、20代の頃には気にならなかった男性でも、年齢を重ねたことで、「あれ?」と思うような男性になっていることも少なくありません。

実際、35歳の男性は婚活市場ではそれなりに人気も高く競争率は高いようです。(ただし、男性も35歳をすぎると途端にモテ度が低くなるようですが)

出会いの場は、自分が思うよりも身近なところにある場合もあるため、不安を自ら煽ることなく、結婚を前向きに考えてみることで見えてくることもたくさんあります。

大事なことは、結婚から目を逸らさないことです。

35歳を過ぎてからこそ楽しめる婚活もある

35歳を過ぎて来ると、親は諦めの境地からから結婚に関してとやかく言われなくなることもあります。

しかしそんな時期だからこそ、自分だけで理想を追うことができ、楽しんで婚活することを考えられるのではないでしょうか。

親から「結婚は?」と聞かれることほどストレスになることはないですよね。

早く言われなくならないかな、と待っていた女性も多いと思います。

しかし、何も言われなくなった時にこそ、これからの人生や生活についてよく考え、結婚相手についても冷静に判断して見ることが大切です。

誰かと一緒に暮らすということは、ある程度の譲り合いが必要になるため、自分の理想と相手の理想の違いを埋めていく作業も必要になります。

相手の考え方を「そんな考え方もあるのか」と楽しむことができれば日々の楽しみを確実に増やしていける結婚が望めるでしょう。

ずっと一緒に笑って暮らせる人がどこかにいると思うと、婚活も辛いものではなく、ワクワクするものに変わっていくはずです。

35歳を過ぎて自身に男性に対する審美眼が身に付いたこの時期こそ、最良の結婚相手を探せるベストタイミングといえるのではないでしょうか。


関連記事


女医が多く登録している結婚相談所


おすすめ記事


■最新記事をTwitterでお知らせします■
ドクターゆずをフォローする

新着記事一覧に戻る

スポンサーリンク

プロフィール

こんにちは!ドクターゆずです。

某国立医大卒、30代の内科系女医です。

詳しいプロフィールは【こちら】で紹介しています。

新着記事

  1. 女医とデートするときのレストランの選び方、どこが正解?
  2. 医者と患者の恋愛はアリ?通院先の医師に恋したらどうすれば良い?
  3. 女医の結婚相手の職業1位は医者!2位には意外な職種が!
  4. 女医の離職率が高くマイナー科を選ぶ真の理由とは?
  5. 東京医大が女子を一律減点にして男性医師を増やしたことは正義?

ピックアップ記事

  1. 女医とデートするときのレストランの選び方、どこが正解?
  2. 「結婚の勝ち組」の定義は男女間で大きく違う?
  3. 『ホリデイラブ』最終回ネタバレ!夫婦間不倫の結末は?
  4. 女医と結婚したサラリーマンの僕が考えること
  5. 35歳以上の年上男性の魅力と注意点
  6. 皿洗いの救世主!共働き女医がすすめる食器洗い機
  7. おいしっくすくらぶに入会!共働き夫婦に役立つ家事時短術
  8. 東京医大の女子一律減点による女性入試差別は仕方ない?
  9. 職場が恋愛や結婚できない原因?転職して職場環境を変えてみる?
  10. 医者と患者の恋愛はアリ?通院先の医師に恋したらどうすれば良い?

応援してもらえると嬉しいな♪

error: Content is protected !!