35歳を過ぎてからの真剣な結婚準備と婚活

35歳を過ぎても恋多き女。

彼氏は絶えないし恋愛のお誘いは多くても、なかなか結婚へ進めない。

そんな女性は結婚につながる行動が伴っていない場合が多いのではないでしょうか!?

35歳以上になると、人生の選択肢がたくさんある

年齢を重ねるごとに、人生の選択肢が増えてくるのは必然です。

しかも35歳を過ぎてくると社会人としては当然、医者としても一人前になってくるので、仕事とプライベートのバランスをどのようにするのか。

これについても色々な迷いが生じてくる時期です。

35歳を過ぎたら、自分のことだけを考えて生活できる時期は終わりなのです。

35歳からの女性の人生には選択肢がいっぱい

しかしながら、プライベートにおいては、「結婚」という選択肢を安易に選ぶことに躊躇が出てきます。

何故ならば、この年令になると「今の彼と結婚する」という選択肢以外の選択肢がよぎり、迷いが生じるためです。

今の彼と結婚する以外の選択肢

  • もっといい人を探す
  • 一生独身貴族で暮らす
  • 親の面倒を見る
  • 仕事に重点を置く

いくつか挙げましたが、他にも色々迷いの素はあると考えられます。

年齢的には高齢の両親のことも考えなければならないとなると、今の恋愛を成就させて結婚したとき、誰が世話をするのかという疑問を抱くことになります。

両親のことを考えなくて済む場合は少し心のゆとりがある状態と言えるので、少しずつ迷いを切り分けていき、最終的な判断ができるところまで絞り込んでいきましょう。

スポンサーリンク

35歳彼氏ナシ!この状態かどうする!?

35歳の時点でお付き合いしている彼氏もいないという状況で結婚するという選択肢を選ぶ場合には、まず恋愛からスタートすることになります。

恋愛をスタートさせるためには、まずは出会いがある場所へ足を運ぶ、または結婚相談所などに積極的に登録してみるなど行動を起こすことが必要です。

まずは、異性との縁づくりを考えていきましょう。

ただし、このときに生活のリズムをあまり変えてしまうと、健康を損なうことがあるので注意が必要です。

結婚、出産と大きなイベントを考えている場合にはなおさらです。

大きく体調を崩すことがないように、婚活とプライベートと仕事はバラナスよくこなす必要があります。

今の生活で既に忙しい場合、婚活を更に新たなタスクとして追加させると、すべてのことをやるには時間が足りなくなります。

その状態で無理すると体調を崩すことになるので、そうならないように気をつけて日常生活を送りましょう。

結婚するつもりなら適度な焦りは必要!?

周りの声に流されて、その気がないのに結婚したいと口にしてしまうこともあると思います。

しかしそれは心にかなりのストレスがかかるため、できれば控えたいところです。

心から結婚がしたい!

そう思った時が行動を起こす時としてベストですが、良い条件の結婚相手を選びたい場合や出産の事を考えるとそうは言っていられません。

晩婚化が進み、年齢的には35歳以上の独身女性は増えている上、未婚の男性も多くなってきていますが、悠長に構えていることは出来ません。

良い条件の男性は、大勢の女性からターゲットにされるので激しい争奪戦になります。

その際、女性の年齢は若ければ若いほど武器になりますし、逆に年齢が高い場合はその事実だけで大きなハンデになってしまいます。

この事実を不公平だとか、理不尽だとか言えば、私もそのとおりだと思います。

しかし残念なことに、多くの女性が学歴や年収で男性を値踏みするのと同じように、多くの男性は女性を年齢と外見で値踏みしているのです。

少数派の男性に狙いを定める、という選択肢ももちろんありますが、統計学的には女性は年齢が上がれば上がるほど成婚率は下がるという事実を忘れてはなりません。

婚活するには何から始めるのが良いのか?

婚活をしようと思い立っても、ただ表立って「結婚したいと思っている」とアピールする人は少ないと思います。

そのため、出会いの場を増やし、選ぶことには工夫が必要になります。

一番効率良く出会いの数を増やすには、街コンや結婚相談所、お見合いサービス等に登録するのが効果的です。

このようなサービスを利用することに抵抗がある人は年々減ってきており、インターネットの普及により最近は加速度的に出会いの選択肢の幅が広がっているようです。

最近の若い研修医の話を聞くと、スマホアプリをキッカケに出会い、結婚している人が結構多いことに驚かされます。

実際に私の周りでも7組そうゆうカップルを知っています。

出会いを提供するスマホアプリには注意が必要

最初から結婚前提でのお付き合いを希望するのであれば、利用するサービスには注意が必要です。

特にスマホで気軽に異性と出会えるスマホアプリは、遊び目的の気軽な出会いを求めているものから、真剣に結婚を考えている人ばかりが集まるものまで多種多様です。

そのため、自分の目的に合うアプリをしっかりと吟味する必要があります。

結婚前にしっかりと恋愛をしたい人には、結婚を意識しすぎている人が少ないデートアプリや街コンや合コンサービスを利用するのが良いでしょう。

恋人探しをしている人が集まるパターンが多いため、恋人選びと付き合ってからその相手をじっくりと多くの時間をかけて吟味出来る場合には、1度にたくさんの異性と出会うチャンスに恵まれるため、それもいいと思います。

しかも、結婚を前提にしているアプリやサイトに比べると好条件の男性が多いのも特徴です。

しかしながら、結婚を前提とした出会いでないため、自分が結婚したいと思うタイミングと相手のそれが上手く重なるかどうかが分からないというのが、恋人探しに重点が置かれたスマホアプリのデメリットです。

もっとも、スマホアプリの多くは女性には無料会員制度を設けているところが多いので、気になるアプリはまず試してみて、合わなければ削除する、ということができるのは便利な点です。

30代以上の女性に人気の婚活アプリ

婚活サイトや結婚相談所であれば、結婚を前提とした付き合いを希望している男性が登録されているので、マッチングすれば話はトントン拍子に進みます。

ただし、こちらはサービス利用料が高額であることと、何よりも好条件の男性が登録されている確率が低いのがデメリットです。

年収“だけ”や外見”だけ”など、1点のみをクローズアップして見ると”一件“良い物件がたくさん登録しているように見えるのですが、慌てて飛びついてはなりません。

そもそも良い物件が登録されるには、それなりにワケがあることを肝に銘じておく必要があります。

今の自分に向いているのはどちらのタイプのサービスなのかは、後悔しないためによく考えるのが、幸せな結婚を手にするための第一歩です。

女医におすすめの結婚相談所
・男性会員の100%が医師の、フェリーチェ

・男性会員のバランスが良さそうな、クラブオーツー

・女医の多くが入会している、誠心(SEISHIN)

気になるところは片っ端から資料請求するのが結婚相談所選びの基本です。

Dr.ゆず
ドクターゆず
資料請求は無料ですから、比較検討のために貰わない手はありません。

35歳以上でも、行動が伴えば結婚に繋がっていく

結婚したい!

そう思うだけで結婚できる人は、20代の中でもそうそういません。

結婚というのは、行動が伴ってこそ、初めて結果がついて来るものです。

でも、「35歳を過ぎたから」なんて自分を卑下することはやめて、素直に自分の良いところをきちんとアピールできれば大丈夫です。

年齢を重ねることで身に着けることができる大人としての品性や知性、落ち着きは若い小娘にはない魅力です。

大人として成熟期を迎える前に、素敵なパートナーに恵まれたら最高ではありませんか?

内にこもらず外に出て、ずっと一緒にいたいと思うような相手を積極的に探してみましょう。

積極性が身に付くと、自然と人の目に留まるようになります。そうなると人の輪ができるので、思わぬところから異性を紹介してもらえる可能性も広がります。

今後の人生設計に「結婚」がある場合は、仕事や趣味などを活かして、幅広く自分の結婚観をアピールしていきましょう。

女性からアピールしておくことで、アピールをキャッチした男性からアプローチがある場合もあります。

結婚の可能性を広げるのは自分の行動1つ

両親や親戚、さらには勤務先の同僚や上司からもバックアップを受けることができれば、第三者の目から見た『良き結婚相手』を紹介してもらえることもあります。

結婚相手の条件は、自分だけではなく、自分以外の周りからの意見も参考にしながら、最高のパートナーを見つけたいですね!

自分に合う相手は自分にしかわからない、と思いがちですが、実は自分にも見えていない自分がいるということをご存知でしょうか。

『ジョハリの窓』について、大学の講義で勉強された方もいるのではないかと思います。

人には、自分では気づいていないが、他人が知っている自分というのがあるといい、これを『盲点の窓』といいます。

自分に合う結婚相手を分析するためには、自分としっかり向き合って自己分析をするのがポイントです。

そのためには、ジョハリの窓を使い、周りの協力を得て自己分析するのがおすすめですよ!


関連記事


女医が多く登録している結婚相談所


おすすめ記事


■最新記事をTwitterでお知らせします■
ドクターゆずをフォローする

新着記事一覧に戻る

スポンサーリンク

プロフィール

こんにちは!ドクターゆずです。

某国立医大卒、30代の内科系女医です。

詳しいプロフィールは【こちら】で紹介しています。

新着記事

  1. 女医とデートするときのレストランの選び方、どこが正解?
  2. 医者と患者の恋愛はアリ?通院先の医師に恋したらどうすれば良い?
  3. 女医の結婚相手の職業1位は医者!2位には意外な職種が!
  4. 女医の離職率が高くマイナー科を選ぶ真の理由とは?
  5. 東京医大が女子を一律減点にして男性医師を増やしたことは正義?

ピックアップ記事

  1. 高学歴女性は近寄りがたい?女性より低学歴でも忌避感の無い男性
  2. ホリデイラブ最終話の結末と不倫について医者が考えること
  3. 食材宅配サービスOisixのお試しセットを注文してみた女医家庭
  4. 女医が結婚出来ない主な理由とは?!
  5. 結婚後も共働きで仕事を続けたい女性のための婚活戦略と注意点
  6. ピンク病院ってどこにあるの?女医がピンク病院の特徴と実態を暴く!
  7. 高収入で自立した女性はモテない!でも婚活ではメリット?
  8. Oisixおためしセットの野菜!女医が辛口レビュー
  9. 女医との結婚は不幸なのか?男性側から見たメリットとデメリット
  10. 医者と結婚した女性の職業ランキング!一番多いのは看護師?

応援してもらえると嬉しいな♪

error: Content is protected !!